ホーム >> 協会案内 >> 会長挨拶

●会長挨拶

  ごあいさつ   会長 雨宮 宏司

 日本農業機械化協会は、農業の機械化、施設化に関する業務を行う団体として、農業機械・施設に関係ある企業及び団体を会員として昭和32年に設立され、農業の変遷、農政の動きに対応しつつ、優良な農業機械、施設の普及および導入の推進、農作業事故防止のための安全対策の推進、国際技術協力やこれらに関する調査研究の実施等、農業機械化の促進に資する広範な業務を実施しています。

 現下の農業と農村を巡る情勢については、高齢化の進行や担い手不足など厳しい状況です。一方で意欲的な農業者によるチャレンジや、創意工夫ある取り組みも多数みられます。土地利用型農業では大規模経営が全国各地に出現し、ICTの本格的利用や、機械の効率利用のためのGPSガイダンス活用なども増えています。

 農林水産省では「新たな食料・農業・農村基本計画」に基づき、若者たちが希望の持てる、「強い農業」と「美しく活力ある農村」の実現に向けて、施策が展開されています。また、TPP関連対策大綱が策定され、意欲ある農業者が希望をもって経営に取り組めるよう、IT活用による農業のイノベーション、6次産業化、農林水産物の輸出促進などが打ち出されています。

 当協会ではこれらに基づき、ロボット農機の安全性確保対策に積極的に貢献するとともに、農業機械・農作業の安全対策について会員の皆様はもちろん、普及事業関係者や労働安全衛生関係者ともタイアップして活動を強化していきます。さらには、農業機械中古査定士制度の充実、省エネ農機の普及にも取り組んでいきます。

 当協会としては、農業機械化を通じて農業生産現場の課題解決に貢献し、日本農業の発展のために力を尽くして参りたいと考えておりますので、関係者の皆様からのご指導と事業展開へのご理解・ご協力をお願い申し上げます。