農業機械化研修テキスト

平成28年3月現在 価格(8%税込)

 平成26年3月以前に刊行した冊子には、刊行当時の税込価格表示(5%税込)がありますが、平成26年4月からの消費税率の改定に伴い、この価格表(8%税込)になります。

農業機械化研修テキスト1 トラクターの機能と基本操作(改訂版)
B5 210頁 2,376円-平成28年3月改訂-

農業機械の基本原動機トラクターを@概論、A各部の構造と機能、B燃料と潤滑油、C基本運転と操作、D基本作業と耕法、E作業の安全確保、F点検調整の7章構成。初心者からプロ農家までの必携書。
農業機械化研修テキスト2 農業機械整備の基本技術
初心者からベテランまで農業機械整備の必携書  
B5 352頁 3,600円-平成17年4月改訂-

農業機械の効率利用の見地から農業機械の耐久性の向上は、農業機械の価値を高め、生産コストの低下にもつながります。
本書は、第1編農業機械の要素、第2編エンジンの整備技術、第3編主要農機の整備技術、第4編各種装置の整備、第5編整備・工作用機器、をそれぞれ専門家が執筆・解説し、第6編として農業機械整備に必要な「参考資料」を掲載しました。
農業機械化研修テキスト3 農業機械導入利用安全指導ハンドブック改訂版
B5 227頁 2,160円-平成20年6月改訂-

従来から普及している農業機械もハイテク技術の導入により、省力かつ高性能で安全作業に配慮した農業機械が出現してきています。
農業機械利用のエキスパート養成、農業機械化に携わる指導関係者のためのハンドブック。
第1章 農業機械化の情勢・動向 第2章 農業機械に関する技術指導及び安全指導の方法
第3章 農業機械の導入利用計画 第4章 特定高性能農業機械の導入利用計画 第5章 農業機械と資材の管理  第6章 農作業安全管理  (参考) 関係法規
農業機械化研修テキスト4  農業機械化技術の経済性
B5 184頁 2,572円-平成10年3月刊行-

昨今の情勢から農業生産コストの低減は急務となっており、農業機械化の推進も農業経済・経営の視点からの取り組みが必要であるので、農機施設の技術と経済合理性の実践面から個別事例の計算方法を解説した参考書。
第1部機械化技術の経済構造と生産性 
第2部設備投資経済性の計算と判定 
第3部機械化経営コスト・利潤管理
農業機械化研修テキスト5 トラクター作業機の構造と安全操作
B5 81頁 618円(送料実費)-平成13年2月改訂-

機械化研修機関による農業機械士養成研修をはじめ、基幹であるトラクターと付属する各種作業機の導入利用研修および、それに対応する農作業安全研修の果たす役割が大きく、より濃密な研修が必要です。
研修テキスト1の「トラクターの機能と基本操作」の姉妹編としてご活用ください。
農業機械化研修テキスト6   耕うん・整地
B5 133頁 2,058円-平成14年3月刊行-

農業機械はハイテク等を用いた高性能化が進み、効率よく安全に使いこなすためには農業機械士などの新たな農業機械利用技能者の養成と定着が重要です。
第1章 耕うん整地作業の意義 第2章 耕起用作業機 第3章 ロータリ作業機 第4章 砕土整地用作業機 第5章 基盤整備用作業機 第6章 新技術の作業機 付表 耕うん作業機類の機械化関係資料
農業機械化研修テキスト7 農業機械士技能検定試験テキスト《改訂版》  
B5 247頁 2,058円-平成26年5月改訂-

農業機械士技能認定試験の受験を目指す方々を対象としたテキスト。
多忙な仕事に追われる皆さんのため、出来るだけ少ない時間と労力で効率よく学習して合格をできるように目指すことがねらいです。
(4版ではモータ、エンジン燃料噴射・排気系統新技術等追加など改訂)


目  次
1.農業機械の構造及び機能と取り扱い
 1)農業機械の基礎
 2)農業機械の構造及び機能
 3)農業機械の作業方法及び作業性能
2.農業機械の点検整備と簡易な修理
3.農業機械の効率利用
4.農業機械の安全作業
研修テキスト参考資料 農業機械士技能検定試験例題集

B5 55頁 618円(送料実費)-平成19年6月改訂-
農業生産を担う経営体の中心となる農業機械士は、農業機械の効率利用と安全性確保の面から農業機械に習熟した耕土の農業機械利用技能者養成研修を道府県で実施されているが、本書は学科面での合格への必読書。
1. 農業機械の構造及び機能と取り扱い
2. 農業機械の点検整備と簡易な修理
3. 農業機械の効率利用
4. 農業機械の作業安全